ここがオススメ!大阪のフロアコーティング業者BEST5

大阪で評判のフロアコーティング会社を調査してみました

第1位

グッドライフ

グッドライフ
施工の種類:5種類
施工料金:かなり安い!
グッドライフコート光※UV:119,700円
保証の年数:最大35年

詳しくはこちら

第2位

FFSコート

FFSコート
施工の種類:5種類
施工料金:かなり安い!
UVフロアコーティング※UV:180,000円
保証の年数:最大20年

詳しくはこちら

第3位

エコプロコート大阪

エコプロコート大阪
施工の種類:1種類
施工料金:比較的安い
120,000円※塗料の種類は不明
保証の年数:最大20年

詳しくはこちら

HOME » よくわかるフロアコーティングの基礎知識まとめ » 安全性についてはどうなの?

安全性についてはどうなの?

ここでは床のコーティング(フロアコーティング)の安全性や注意点などについて、詳しく解説しています。

床のコーティングをお考えの方は、ぜひチェックしてくださいね!

フロアコーティングの気になる安全性

近年、テレビなどで耳にすることが多くなった「シックハウス症候群」という言葉。

フロアコーティングを検討されている方で、その“安全性”が気になるという方も多いのではないでしょうか?

私たちが毎日生活をする家の中のことなので、やはりそういった安全面での不安はしっかりと取り除いたうえで施工をお願いしたいものですよね。

シックハウス症候群とは、クロスや家具といった建築資材の中に含まれる科学物質が原因で引き起こされる症状を指した名称。

具体例には頭痛やめまい、目のかゆみや鼻づまりといったものが挙げられます。

このシックハウス症候群の原因になると言われている成分はいつかありますが、主なものとして「ホルムアルデヒド」や「キシレン」などが知られています。

ではこのシックハウス症候群とフロアコーティングの関連性。

それは、シリコンやガラスコーティングに関しては、無機結合物なため安全性は高いと言えるでしょう。

しかし、ウレタンコーティングに関しては一概に安全とは言えないようです。

業者のなかには、安全性が確かではない素材を使用しているケースもあるようなので、気になる方はあらかじめきちんと確認しておくことをお勧めします。

【安全性からみるフロアコーティング業者選びのポイント】

  • 安全性の確認された素材を使用している。
  • 食品添加物や食品衛生法等の規格基準に適合した素材を使用している。
  • 安全性にかんする配慮をHPに記載している。

ちなみに、シックハウス症候群の原因とされる「ホルムアルデヒド」を使用しない業者さんもいます。

そういった点もあらかじめ確認して、業者選びの際の一つの目安にしても良いかもしれません。

 

厳選!大阪エリアのフロアコーティング会社リスト

フロアコーティングのさまざまな種類を知ろう

よくわかるフロアコーティングの基礎知識まとめ